上野千鶴子 (教授)の卒業・出身大学

上野 千鶴子(うえの ちづこ、1948年7月12日 - )は、富山県出身の社会学者。専攻は、家族社会学、ジェンダー論、女性学、記号論、人類学、フェミニズム。現・関東社会学会会長(2005年-2006年度)。代表著作は『近代家族の成立と終焉』、『家父長制と資本制』など。
1980年代にマルクス主義フェミニズムを唱えるフェミニストとして、『セクシィ・ギャルの大研究』が鶴見俊輔・栗本慎一郎に絶賛されたことで脚光を浴び、アグネス論争に参入、現代の消費社会を論じるフェミニストとして知られるようになる。1990年代以降、家族、建築、介護、福祉の問題や、文学心理学、社会心理学などの学問領域について、専門領域である社会学のみならず、文化人類学、表象文化論などの方法を駆使して論じている。

出身大学:早稲田大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

上野千鶴子の関連著書

おひとりさまの老後 1,470円
残り在庫数:1
世代間連帯 (岩波新書) 819円
残り在庫数:1
結婚帝国 女の岐れ道 1,785円


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 

[教授を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング