丹波義隆 (俳優)の卒業・出身大学

丹波 義隆(たんば よしたか、1955年7月13日-)は、東京都出身の俳優。俳優・故・丹波哲郎の長男。曽祖父は丹波敬三。先祖は丹波康頼。東京都立杉並高等学校卒業。成城大学文芸学部中退。
高校在学中の1973年、大森健次郎監督第1回作品『二十歳の原点』(東京映画)に角ゆり子扮するヒロイン高野悦子の弟役で映画デビュー。ついで岡本喜八監督の東宝映画『青葉繁れる』に名門高校の劣等生役で主演しユニークな個性を発揮。1977年には『アラスカ物語』で丹波哲郎と父子共演を果たす。テレビは、1975年日本放送協会 NHK『水色の時』を皮切りに多数出演。中でも「ジャッカー電撃隊」では、主役の桜井五郎役(スペードエース)に抜擢され、その活躍は当時番組を見ていた多くの子どもたちに強く印象付けられたほどである。俳優養成所「丹波道場」主宰でもある。趣味はラジコンの模型作り。また鉄道模型のZゲージとスキーとスキューバーダイビングとゴルフと社交ダンスにも造詣を持ち、自身のホームページで紹介している。妻は父・丹波哲郎のマネージャーも務めており、両親は社交ダンスのインストラクター。一男二女の父でもあり、子どもたちとは旅番組で共演する事もある。

出身大学:成城大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

丹波義隆の関連著書




[俳優を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング