佐伯勇 (実業家)の卒業・出身大学

佐伯 勇(さえき いさむ、1903年(明治36年)3月25日 - 1989年(平成元年)10月5日)は昭和中期から平成期(1950年代-1980年代)の実業家。近畿日本鉄道(近鉄)の元社長、会長、名誉会長で、近鉄グループの総帥。プロ野球・大阪近鉄バファローズ 近鉄バファローズのオーナーでもあった。
愛媛県周桑郡丹原町(現・西条市)で、佐伯源三郎の三男として生まれる。丹原小学校、松山中学(現・愛媛県立松山東高等学校)と進むが、父親の方針で京都一中(現・京都府立洛北高等学校)へ転校、さらに第三高等学校 (旧制) 三高を経て東京帝国大学法学部を卒業した。
1927年4月に近畿日本鉄道の前身、大阪電気軌道(大軌)に入社。この時、社長の金森又一郎は帝大卒という高学歴を見て、かつて同じような学歴で入社したがすぐ辞めてしまった者がいた事から入社を渋り、部下の説得で何とか納得する事が出来たといわれる。

出身大学:東京大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

佐伯勇の関連著書

歌・うた・唄 2~スタンダード日本I 2,854円
残り在庫数:1
関 定子が歌う はやりうたの世界 3,150円
残り在庫数:1



[実業家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング