堀田庄三 (実業家)の卒業・出身大学

堀田 庄三(ほった しょうぞう、1899年1月23日 - 1990年12月18日)は、昭和期の銀行家。三井住友銀行 住友銀行頭取を18年余り務め(1952年~1971年)、「住銀中興の祖」「法皇」と称された。大正製薬社長の上原明は二男。
愛知県名古屋市に牛田正太の二男として生まれ、堀田家に養子入りする。1926年京都帝国大学経済学部を卒業し、住友銀行に入行。名古屋支店勤務を経て、1928年東京・人形町支店に異動。ここで経営コンサルティングを行いながら新規顧客開拓に成果をあげ、行内で頭角を顕す。1940年には新設の東京事務所に異動、1942年には所長となり、国の統制経済政策に機敏に対応するため、足しげく大蔵省、日本銀行などに通いつめた。後の”MOF担”の先駆的存在であった。

出身大学:立命館大学 偏差値
滋賀県:滋賀県大学偏差値ランキング




[実業家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング