子母澤寛 (作家)の卒業・出身大学

子母澤 寛 (しもざわ かん、1892年2月1日-、1968年7月19日) は日本の小説家。北海道厚田郡厚田村(現・石狩市)出身。本名 梅谷 松太郎。
祖父は彰義隊で、箱館戦争に敗れてそのまま北海道に定住した。創価学会第2代会長戸田城聖と同郷で少年期よりの知己である。後に子母澤の出版を戸田の会社が受け持っており、相当数の著作を発表している。
旧制北海中学校(現北海高等学校)、明治大学法学部卒業。読売新聞、東京日日新聞で新聞記者をするかたわらで、尾佐竹猛らの指導で旧幕臣の聞き書きをまとめ、1928年『新選組始末記』を出す。その後、『新選組遺聞』『新選組物語』の「新選組三部作」を出版。

出身大学:明治大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

子母澤寛の関連著書

ICHI 2 (イブニングKC) 580円
残り在庫数:1
ICHI 1 (イブニングKC) 580円
残り在庫数:1



[作家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング