安部公房 (作家)の卒業・出身大学

安部 公房(あべ こうぼう、1924年3月7日 - 1993年1月22日)は、東京府北豊島郡(現東京都北区 (東京都) 北区)生まれ(本籍は北海道旭川市)の小説家、SF作家、劇作家、演出家、脚本家。本名公房(きみふさ)。
幼少期を満州で過ごす。1940年に満州の旧制奉天第二中学校を卒業。帰国して旧制成城高等学校(現・成城大学)理乙に入学し、戦時下のため繰上げ卒業、1943年に東京帝国大学医学部医学科に入学。在学中の1947年に、後年安部の作品の装丁や舞台美術を手掛ける事になる真知夫人と結婚。1948年に卒業するも医師国家試験に失敗。
1947年に、安部は満州からの引き上げ体験のイメージに基づく『無名詩集』を、ガリ版印刷により自費出版した。詩人ライナー・マリア・リルケや哲学者マルティン・ハイデッガーの影響を受けたこの62ページの詩集には、失われた青春への苦悩と、現実との対決の意思が強く込められていた。

出身大学:東京大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

安部公房の関連著書



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 

[作家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング