小林正弥 (教授)の卒業・出身大学

小林 正弥(こばやし まさや, 1963年-)は、日本の政治学者。専門は、政治哲学、比較政治学。千葉大学法経学部教授。
東京大学法学部卒業。東京大学法学部助手、千葉大学法経学部助手・助教授を経て、2003年から現職。
『政治的恩顧主義論――日本政治研究序説』(東京大学出版会, 2000年)
『非戦の哲学』(筑摩書房[ちくま新書], 2003年)
『丸山眞男論――主体的作為、ファシズム、市民社会』(東京大学出版会, 2003年)
『戦争批判の公共哲学――「反テロ」世界戦争における法と政治』(勁草書房, 2003年)
(西尾勝・金泰昌)『公共哲学(11)自治から考える公共性』(東京大学出版会, 2004年)

出身大学:千葉大学 偏差値
千葉県:千葉県大学偏差値ランキング

小林正弥の関連著書

公共哲学 (11) 自治から考える公共性 3,990円
残り在庫数:1
平和憲法と公共哲学 3,465円
残り在庫数:1
憲政の政治学 5,670円
残り在庫数:1



[教授を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング