小牧近江 (翻訳家)の卒業・出身大学

小牧近江(こまきおうみ、1894年5月11日-1978年10月29日)は、秋田県秋田市土崎(つちざき)港生まれの翻訳家・社会運動家。本名、近江谷駧(おうみやこまき)。父は代議士近江谷栄次。
東京の暁星高等学校 暁星中学中退後、明治43年、第1回万国議員会議に出席する父に連れられてフランスに渡り、パリ大学法学部入学、大正7年同卒業。同地でクラルテ運動に参加した。日本大使館に勤務し、帰国後、革命歌「インターナショナル」を日本で初めて訳詩。佐々木孝丸訳の先駆けとなった。小学校時代の旧友と『種蒔く人』を創刊。無産階級文化運動に従事したが、戦時中はフランス領インドシナで民族解放運動に関わった。戦後は文筆を主とし、鎌倉に居住し、平和運動に参加した。昭和24年、中央労働学院教授、同26年、法政大学教授、中央労働学院院長。シャルル・フィリップ全集やバルビュスの翻訳を残し、回想記を執筆した。

出身大学:法政大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

小牧近江の関連著書

異国の戦争 (1980年) 2円
残り在庫数:1
ふらんす大革命 (1949年) 0円
残り在庫数:1
小さな町―フィリップの本 (1977年) (偕成社文庫) 452円
残り在庫数:1
イソップ三代目 (1973年) 0円
残り在庫数:1
近江谷井堂 (1971年) 0円
残り在庫数:1
クラルテ (1952年) 0円
残り在庫数:1



[翻訳家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング