庄野潤三 (作家)の卒業・出身大学

庄野 潤三(しょうの じゅんぞう、1921年2月9日 - 2009年9月21日)は、日本の小説家。
大阪府出身。大阪府立住吉高等学校 住吉中学(現大阪府立住吉高等学校)、1941年12月大阪外国語学校(大阪外国語大学を経て現・大阪大学外国語学部)英語科卒業後、九州帝国大学法文学部繰り上げ卒業。専攻は東洋史。1学年上に島尾敏雄がいた。終戦後、朝日放送に入社し、阪田寛夫と出会う。1954年、『プールサイド小景』で第32回芥川龍之介賞 芥川賞を受賞。「第三の新人」の一人。1965年『夕べの雲』で読売文学賞、69年『紺野機業場』で芸術選奨文部大臣賞、71年『絵合せ』で野間文芸賞、72年『明夫と良二』で毎日出版文化賞、73年日本芸術院賞受賞、78年日本芸術院会員。
大阪府立住吉高等学校 住吉中学時代、国語の教師が詩人の伊東静雄だった。

出身大学:大阪外国語大学 偏差値
大阪府:大阪府大学偏差値ランキング

庄野潤三の関連著書

鉛筆印のトレーナー 1,427円
残り在庫数:1
山田さんの鈴虫 1,800円
残り在庫数:1
けい子ちゃんのゆかた 1,470円
残り在庫数:1
庭のつるばら 1,575円
残り在庫数:1
せきれい 1,800円
山田さんの鈴虫 (文春文庫) 580円


1 2 3 4 5 6 7 8 9 次のページ » 

[作家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング