愛知揆一 (政治家)の卒業・出身大学

愛知 揆一(あいち きいち、明治40年(1907年)10月10日 - 昭和48年(1973年)11月23日)は、昭和時代の日本の政治家、衆議院議員。宮城県仙台市出身。
東京麹町に愛知敬一 祥の長男として生まれる。父は東北大学教授。祖父・信元は幕末期、徳川慶喜に小姓として仕え、明治維新後は学習院や華族女学校で数学を教えた。
旧制宮城県第二中学校(現宮城県仙台第二高等学校)、旧制第二高等学校から東京帝国大学法学部に入学。昭和16年(1931年)に卒業し、大蔵省に入省。主に財務畑を歩む。戦後、官房長、銀行局長を歴任。財閥解体の嵐の中で日本の金融界を守るために腐心した。
昭和25年(1950年)参議院全国区から自由党 (日本) 自由党公認で出馬し、当選を果たす。大蔵省時代の経験と政策能力を池田勇人に高く評価され、1952年の池田・ロバートソン会談では、政府代表として随行した。昭和29年(1954年)第5次吉田内閣の通商産業省 通商産業大臣兼経済審議庁長官に起用される。

出身大学:東北大学 偏差値
宮城県:宮城県大学偏差値ランキング

愛知揆一の関連著書




[政治家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング