曽根泰教 (教授)の卒業・出身大学

曽根 泰教(そね やすのり、1948年1月11日 - )は、日本の政治学者。専門は、政治学、政策過程論。
神奈川県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。慶應義塾大学法学部教授を経て、現在、同大学大学院政策・メディア研究科教授。
2000年自身の学生に対するセクハラ行為が週刊誌で実名報道される。一年間の休職を経て復帰。
『決定の政治経済学――その理論と実際』(有斐閣, 1984年)
『現代の政治理論』(放送大学教育振興会, 1989年)
(金指正雄)『ビジュアル・ゼミナール日本の政治』(日本経済新聞社, 1989年)
(大嶽秀夫・鴨武彦)『政治学』(有斐閣, 1996年)
(富田信男)『世界政治のなかの日本政治――多極化時代の戦略と戦術』(有斐閣, 1983年)

出身大学:慶應義塾大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

曽根泰教の関連著書




[教授を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング