有栖川有栖 (作家)の卒業・出身大学

有栖川有栖(ありすがわ ありす、1959年4月26日 - )は、大阪府大阪市生まれの小説家で、推理作家。
本名は上原正英。高校一年生の時にSRの会入会。上宮高等学校、同志社大学法学部法律学科卒業。学生時代は推理小説研究会に所属。
卒業後、書店勤務の後、1989年、『鮎川哲也と13の謎』の一冊、『月光ゲーム Yの悲劇”88』でデビュー。
前本格ミステリ作家クラブ会長(現執行会議)。2003年に『マレー鉄道の謎』で日本推理作家協会賞を受賞。
1999年より綾辻行人との共作で、テレビ推理番組「安楽椅子探偵シリーズ 安楽椅子探偵」シリーズ(朝日放送)の原作を担当。
彼の作風は、エラリー・クイーンの影響が色濃く、「読者への挑戦」が挿入される作品が多い。

出身大学:同志社大学 偏差値
京都府:京都府大学偏差値ランキング

有栖川有栖の関連著書

七つの死者の囁き (新潮文庫) 460円
残り在庫数:1
絶叫城殺人事件 (新潮文庫) 620円
残り在庫数:1
まほろ市の殺人 (ノン・ノベル) 920円
残り在庫数:1


1 2 3 4 5 6 7 8 次のページ » 

[作家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング