木々高太郎 (作家)の卒業・出身大学

木々 高太郎(きぎ たかたろう)は日本の小説家・推理作家、大脳生理学者。
1897年5月6日 - 1969年10月31日
本名:林髞(はやし たかし)
山梨県生まれ。
長男は医学博士の林峻一郎。
1915年 甲府中学(現山梨県立甲府第一高等学校)卒業後、福士幸次郎に師事。
1918年 慶應義塾大学医学部予科に入学
1924年 同大学医学部を卒業、生理学教室助手に採用される。
1927年 医学部講師に昇任し、生理学の講義を担当、また同年、医学博士の学位を取得する。
1932年 ペテルブルグ(現ロシア連邦)へ留学、イワン・パブロフのもとで条件反射学を学ぶ。翌年帰国。
1934年 木々高太郎のペンネームで、探偵小説『網膜脈視症』発表。    のちに定着する「推理小説」という言葉は、このころの木々自身による造語である。

出身大学:慶應義塾大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

木々高太郎の関連著書




[作家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング