東浩紀 (批評家)の卒業・出身大学

東 浩紀(あずま ひろき、1971年5月9日 - )は、日本の哲学者、文芸評論家。専攻は現代思想、表象文化論、情報化社会 情報社会論。サブカルチャーへの言及、評論でも知られる。東京都三鷹市出身。
1993年『ソルジェニーツィン試論』(柄谷行人、浅田彰編集の「批評空間」掲載)で評論家としてデビュー。なお、この元原稿は、柄谷行人が当時教えていた法政大学での講義に潜り込んで参加した東が、直接柄谷に手渡したものである。
妻は作家・詩人のほしおさなえ。一児。義父は『探偵物語』の原案者で翻訳家の小鷹信光。
1990年、筑波大学附属駒場高等学校卒。翌年、東京大学文科一類入学。

出身大学:早稲田大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

東浩紀の関連著書




[批評家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング