永井道雄 (政治家)の卒業・出身大学

永井道雄(ながいみちお、1923年3月4日 - 2000年3月18日-)は、日本の教育社会学者。政治家、永井柳太郎の次男。東京都出身。武蔵中学校・高等学校、京都大学文学部卒。オハイオ州立大学でPh.D.を取得。京都大学教育学部助教授を経て、1957年東京工業大学に移る。1970年、東京工業大学を退職、朝日新聞社論説委員となる。大学紛争の時代、国際基督教大学の事務長だった飯田宗一郎が、八王子に大学セミナーハウスを都内主要大学の学長、総長の協力のもとに始めた時、そこで行なわれた第1回大学共同ゼミナールを主催したり、教育の実際的な改革に精力的に取り組んだ。
1974年、第一次三木武夫内閣で民間から文部大臣として入閣。在任中、主任制の導入、国際連合大学の日本への誘致などに尽力。政界を離れて以降は、朝日新聞社へ復社して客員論説委員、国際連合大学学長特別顧問、国際文化会館館長などを勤めた。

出身大学:東京大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

永井道雄の関連著書




[政治家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング