漣健児 (訳詞家)の卒業・出身大学

漣 健児(さざなみけんじ、本名草野昌一、1931年2月4日 - 2005年6月6日)は、日本を代表する訳詩家。別名義に新田宣夫がある。
代表的なものに坂本九の「ステキなタイミング」やナット・キング・コールの「L-O-V-E」、中尾ミエの「可愛いベイビー」、「赤鼻のトナカイ」などがある。シンコー・ミュージック・エンタテイメントの前身、新興音楽出版社の創業者でもある。
ホワイトハウスに招待された唯一の日本人音楽家である。
実弟の浩二氏は東芝EMIの名物デレクターである。
1931年生 ささなみ けんし
2005年没 ささなみ けんし
翻訳家 ささなみ けんし
実弟の浩二氏は東芝EMIの名物デレクターである。

出身大学:早稲田大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

漣健児の関連著書




[訳詞家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング