玄侑宗久 (作家)の卒業・出身大学

玄侑 宗久(げんゆう そうきゅう、1956年4月28日- )は日本の小説家、僧 僧侶。福島県出身。福島県立安積高等学校、慶應義塾大学文学部中国文学科卒。
二十代半ば過ぎまで様々な仕事を転々とし、京都にある天龍寺専門道場に入門、現在は生まれ故郷の福島県三春町の臨済宗妙心寺派福聚寺の副住職を務める。臨済宗妙心寺派教化委員
その一方で作家活動にも力を注ぎ、デビュー作「水の舳先」が第124回芥川賞候補作となり、2001年に「中陰の花」で第125回芥川賞を受賞。著書多数。
2000年、「新潮」10月号に「水の舳先」、
2001年、「新潮」1月号に「宴」、
また「文學界」5月号に「中陰の花」を発表。

出身大学:慶應義塾大学 偏差値
東京都:東京都大学偏差値ランキング

玄侑宗久の関連著書

現代語訳 般若心経 (ちくま新書 (615)) 735円
残り在庫数:1
お坊さんだって悩んでる (文春新書) 861円
残り在庫数:1
禅的生活 (ちくま新書) 777円
残り在庫数:1



[作家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング