竹宮惠子 (漫画家)の卒業・出身大学

竹宮 惠子(たけみや けいこ、女性、1950年(昭和25年)2月13日 - )は、日本の漫画家。徳島県徳島市出身。1980年頃、竹宮恵子から改名。
現在の少女漫画の方向性を確立したと言われる24年組のけん引役であり、少女漫画界の開拓者。サイエンス・フィクション SF、歴史、恋愛もの、コメディなど、手がけるジャンルは多彩で、少年誌・青年誌でも活躍し、竹宮惠子に憧れる有名漫画家も男女問わず多い。同じく24年組の萩尾望都と並べ称される巨匠であるが、俗に竹宮惠子派と萩尾望都派とは真っ二つに分かれると言われている。
竹宮惠子の革新性は、まず主人公に少年を登用したこと、そして本格的なSFやファンタジーの作品を描いたことが挙げられる。前者では少年の同性愛を描いた「風と木の詩」、後者では「地球へ…」が代表的な作品であり、両作で第25回小学館漫画賞を受賞している。特に「風と木の詩」で起こしたセンセーションは大きく、のちに少年同士の恋愛を描いた作品(ボーイズラブ)が少女漫画の一大ジャンルになったほどであった。

出身大学:京都精華大学 偏差値
京都府:京都府大学偏差値ランキング

竹宮惠子の関連著書



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 

[漫画家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング