茅誠司 (大学学長・総長)の卒業・出身大学

茅 誠司(かや せいじ、1898年(明治31年)12月21日 - 1988年(昭和63年)11月9日)は、神奈川県生まれの物理学者、神奈川県立厚木高等学校卒。伊登子夫人は天文学者・木村栄の長女。長男は工学者の茅陽一。
専門は、強磁性結晶体の研究。東京大学退任時の卒業式告辞で述べた小さな親切運動は社会現象となり、社団法人の設立につながった。茅は同法人の初代代表として23年間在職した。同法人は社会全体に社会道徳や親切を広める活動団体の一つとして現在まで続いている。
1898年(明治31年)12月21日出生
1923年(大正12年)3月 東北帝国大学理学部物理学科卒業後、本多光太郎に師事
1926年(大正15年)4月 同大学助教授

出身大学:北海道大学 偏差値
北海道:北海道大学偏差値ランキング

茅誠司の関連著書

雪椿 (1969年) 609円
残り在庫数:1
雪椿〈続〉 (1969年) 609円
残り在庫数:1
現状打破の発想 (1979年) 1,029円
残り在庫数:1



[大学学長・総長を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング