金丸信 (政治家)の卒業・出身大学

金丸 信(かねまる しん、大正3年(1914年)9月17日 ‐ 平成8年(1996年)3月28日)は、昭和・平成期における日本の政治家、衆議院議員(12期)。
1914年9月17日、山梨県中巨摩郡今諏訪村(現・南アルプス市)に、父・金丸康三と母・とくの長男として生まれる。金丸家は、「里見八犬伝」から、子どもの名前をつけており、3番目に生まれた長男は、「信」と名づけられた。(なお、兄弟は、上から、れい・てい・信・仁・忠・智義と付けられている。)当時の金丸家は、酒造屋であり、多くの使用人を抱えている裕福な家であった。
西野小学校を卒業の後、父の友人が校長をしていた、旧制身延中学校(現・山梨県立身延高等学校)に入学をした。旧制身延中では、父の友人が剣道の師範をしていたことから、剣道を学校でしていたが、試合で頭を叩かれたことが原因で、剣道嫌いとなり、柔道に精進した。

出身大学:東京農業大学 偏差値
神奈川県:神奈川県大学偏差値ランキング

金丸信の関連著書




[政治家を世に送り出した大学一覧]

[職業から有名人の出身・卒業大学を探す]  [有名人・卒業生一覧から大学を探す]

大学偏差値を検索!(サイト内検索)

全国企業年収ランキング
全国大学偏差値ランキング
全国国立大学偏差値ランキング
全国私立大学偏差値ランキング
全国高校偏差値ランキング
全国中学偏差値ランキング